1. 柱を空間のアクセントにする

抜けない柱を空間のアクセントにすることで、デザイン性を高めることができます。

木目や色などのクロスやタイルを貼ることで柱自体をお部屋のアクセントにし、華やかな空間にします。

2. 造作収納として活用

柱の周りに造作収納を作り、収納スペースを増やすことができます。

例えば、キッチンで柱を中心にオープンシェルフを設置し、調理器具や食器を収納すれば、見せる収納としておしゃれに仕上がります。

3. 飾り棚として利用

抜けない柱を飾り棚として活用するのも一案です。

お気に入りの小物や植物を飾ることで、リビングやダイニングが一層華やかになります。

4. キャットタワーやハンモックを設置

事例紹介はこちら

ペットを飼っている方には、柱を活かしてキャットタワーやハンモックを設置するのもおすすめです。

柱の強度を利用して、ペットが楽しめるスペースを提供できます。

5.壁にする

柱を小さな壁にすることで、開放感を保ちながら空間をゆるく仕切ることができます。

キッチンなどの境界にぴったりです!

6. 化粧梁を取り付ける

柱に化粧梁を取り付けて、木目の温かみを感じる空間にするのも効果的です。

特に和風のインテリアにマッチし、落ち着いた雰囲気を演出できます。

7. インテリアの一部として活用

柱をインテリアの一部としてデザインすることで、自然な形で空間に溶け込ませることができます。

例えば、柱を利用して格子の飾り壁のように見せるなど、むしろ空間のアクセントとして利用できます。

8. 隠し収納として利用

柱を隠し収納として利用するのも便利です。

柱の周りにキャビネットや棚を設置し、見せたくないアイテムを収納することで、スッキリとした空間を保てます。

9. 照明を取り付ける

柱に照明を取り付けることで、空間を明るくしながら、柱自体もデザイン要素として活かすことができます。

特にダウンライトやスポットライトを組み合わせると、効果的な演出が可能です。

10. 壁紙やペイントで装飾

最後に、柱を壁紙やペイントで装飾する方法もあります。

柱と床や壁の色を統一することで、ナチュラルかつ統一感のある空間に仕上がります​。

まとめ

抜けない柱を効果的に活用することで、リフォームの際に生じる制約を逆にデザインのアクセントとして取り入れることができます。

柱を邪魔と感じるのではなく、上手に活かして素敵な空間を作り上げましょう。