レトロモダンな空間作りの基本

事例はこちら

古い素材を活かす

古民家の魅力を引き出すために、既存の木材や柱、梁を活かすことが重要です。

経年変化した木材は、独特の温もりと味わいを持ち、空間に深みを与えます。特に、古いドアや柱、梁、鴨居、縁側などは積極的に活用しましょう。

モダンな要素を取り入れる

古民家の持つレトロな雰囲気を保ちつつ、モダンな要素を取り入れることで、レトロモダンな空間が完成します。

例えば、アクセントクロスを使って壁にメリハリをつける、シックな色味の家具を配置するなど、現代的なデザインを加えることがポイントです。

レトロモダンなリビングの作り方

木製家具の選び方

レトロモダンなリビングを作るには、温かみのある木製家具が欠かせません。

アンティークやヴィンテージの家具を取り入れると、より雰囲気が出ます。

ただし、予算に合わせて新品の家具と組み合わせるのも一つの方法です​ ​。

アクセントとしてのアンティーク家具

リビングには、ちゃぶ台やユーズド感のあるローテーブル、ダイニングテーブルがおすすめです。

特に、丸みをおびたデザインの家具は柔らかさがあり、レトロモダンによく合います。

また、アンティークな棚や茶箪笥などもレトロ感を引き立てます。

キッチンとダイニングのアイデア

オープンキッチンとバーラウンジ風

キッチンはオープンスタイルにし、バーラウンジのようなデザインにすることで、モダンな要素を強調します。

これにより、キッチンとリビングが一体化し、広々とした空間が生まれます。

タイルの活用

レトロな雰囲気を出すために、タイルを積極的に使いましょう。

特に水廻りでは、モザイクタイルや長方形のタイルを使うと、昭和レトロな雰囲気が出ます。単色のタイルを使うと、シンプルで落ち着いた空間になります。

寝室とトイレの工夫

ダークブラウンの床とシックな色使い

寝室やトイレの床はダークブラウン系にすると、落ち着いたレトロさが出ます。

壁やドアなどもシックな色に塗り替えると、空間が引き締まり、モダンな印象を加えることができます。

ユーズド感のある素材を使用

古いものを取り入れるレトロモダンには、ユーズド感のある素材を使用することが重要です。

アイアン素材の家具や雑貨もレトロモダンのインテリアのポイントになります。

味わいのある素材を取り入れて、時間が経過しても愛着が湧く空間を作りましょう。

まとめ

レトロモダンな空間作りには、古い素材を活かしつつ、現代的なデザインを取り入れるバランスが大切です。

木製家具やアンティーク家具を効果的に配置し、アクセントクロスやシックな色味を加えることで、素朴でありながら洗練された空間が完成します。

古民家リノベーションで作るレトロモダンな空間を楽しんでください。