はじめに

リフォームを計画する際、資金調達の方法としてリフォームローンが一般的です。

特に、1000万円クラスの大規模なリフォームの場合には、適切なローン選びが重要です。

本記事では、1000万円のリフォームローンに関する金利や返済方法、選び方のポイントについて詳しく解説します。

リフォームローンとは

リフォームローンは、住宅の改修・改築に必要な資金を借り入れるためのローンです。

無担保で利用できるため手続きが比較的簡単ですが、その分金利が高めに設定されることが一般的です。

金利の種類

リフォームローンの金利は、大きく分けて「固定金利」と「変動金利」があります。

  • 固定金利: 返済期間中の金利が一定で、安定した返済計画を立てやすいです。金利は1.9%~5.0%程度が相場です。
  • 変動金利: 市場の金利に応じて変動し、低金利時には有利ですが、将来的な金利上昇のリスクがあります。金利は1.2%~4.0%程度が相場です。

1000万円のリフォームローンの返済シミュレーション

1000万円のリフォームローンを借り入れた場合の月々の返済額は、金利と返済期間によって大きく異なります。以下に、主な返済期間ごとのシミュレーションを示します。

3年返済の場合

  • 金利: 2.5%~4.475%
  • 月々の返済額: 約288,613円~297,357円
  • 総返済額: 約10,390,068円~10,704,852円

5年返済の場合

  • 金利: 2.5%~4.475%
  • 月々の返済額: 約177,473円~186,316円
  • 総返済額: 約10,648,380円~11,178,960円​

10年返済の場合

  • 金利: 2.5%~4.475%
  • 月々の返済額: 約94,269円~103,517円
  • 総返済額: 約11,312,280円~12,422,040円​

リフォームローンの選び方

金利と返済期間の確認

金利は低い方が良いですが、返済期間も重要です。

短期間で返済すると利息の総額が少なくなりますが、月々の返済額が高くなります。

長期間に渡ると月々の負担は軽減されますが、総返済額が増える可能性があります。

担保の有無

リフォームローンは無担保で利用できるものが多いですが、担保を提供することで金利が低くなる場合もあります。

自分の状況に合わせて選びましょう。

団体信用生命保険

団体信用生命保険に加入することで、万が一の場合に残債が保険でカバーされるため、安心してローンを組むことができます。

加入の有無や条件も確認しておきましょう。

ユニオンリフォームではご契約の際に団体信用生命保険つきのリフォームローンをご紹介させていただいております。ぜひご利用ください!

まとめ

1000万円クラスのリフォームローンを利用する際は、金利、返済期間、担保の有無などを総合的に考慮して選ぶことが大切です。

適切なローンを選ぶことで、理想の住まいを実現するための強力なサポートとなります。