「住まいをもっと心地よくするために、窓を小さくする。」

これは最近のリフォームで、よく取り入れられる方法です。今回はそんなリフォームを実現された、H様邸のご紹介です。

DATA

地区東広島市
築年数30年
家族構成2人
工期32日間
工事費外壁・樋塗装99万円 1階断熱サッシ工事121万円 LDK改装工事119万円 和室内装工事16万円
工事内容外壁・屋根塗装、1階断熱サッシ工事、玄関・勝手口取替、LDK改装工事、和室改装
採用機器: エスケー化研 シリコン塗料、玄関:YKK【ヴェナート】、サッシ:YKK【エピソードNEO】【プラマードU】、キッチン:クリナップ【ラクエラ】

以前から奥様の中で膨らんでいた、リフォームへの夢。

ご主人や娘様たちが「お母さんの好きなようにしたらいいじゃない!」と、優しく後押しをして下さったそうです。

娘様はSNSで情報を収集されたり、坪井プランナーとの打合せへの同席も。ご一緒により良いリフォームを検討することができました。

【キッチン】

奥様の思い入れが一番強かったキッチン。

その空間のアクセントとなるレンガ調クロスは、目地の色までご一緒にしっかり考え抜きました。

【リビング】

落ち着いた北欧インテリアがお好きな奥様。

木目の天井やアクセントのグレーが空間を彩ります。

【窓】窓を小さくしたおかげで、ほのかに揺れる灯が似合う、雰囲気たっぷりのリビングになりました。窓から逃げる熱が少なくなったことで、明らかな光熱費削減効果もあったとか!

【ツートンカラーの外壁】

二階部のカラーを変えてツートンカラーに。

リビングのアクセントクロスと合わせて、お家全体をトータルコーディネートされました。

【玄関も断熱を】

ドアはYKKのヴェナートをチョイス。

ツートンカラーの外壁を引き締める、木目の強いマキアートパインのカラーがお家のアクセントになりました。

【窓をサイズダウンして断熱性アップ】

日本の住まいの課題は断熱性と言われます。

断熱性の低さが、結露の原因にもなっています。

その断熱性を高めるポイントの一つが、「窓」。

窓は大きければ良い、という従来の価値観から今、少しずつ変化をしてきています。