「お風呂のリフォームをしたい・・・しなければ!」という思いから始まった、K様邸のリノベーション。

どうせやるなら・・・と、水まわり全体をリフレッシュすることになりました。

限られた空間の1階部分にダイニングキッチン・浴室・洗面・トイレが使い勝手良く配置され、壁紙の色柄にもこだわったK様らしい、新鮮な空間に仕上がりました。

DATA

地区呉市
築年数36年
家族構成ご夫婦(50代)
工期30日間
工事費448万円
工事内容水廻りリノベーション
採用機器LIXIL【アライズ】、トクラス【Bb】、LIXIL【アメージュZ】、カクダイ洗面ボウル
お悩み狭いことで使い勝手が悪くなってしまっているダイニング&洗面スペース
→解決…キッチンレイアウト変更で使いやすく、洗面をリビングに設置して使い勝手をよくした
ご希望内装に柄を取り入れたい、使い勝手のいい空間にしたい

BEFORE

AFTER

キャスキッドソンやリバティなど、様々な色彩を組み合わせたカラフルな柄がお好みの奥様。

キッチンのブルーを軸に、天井や壁、バーチカルブラインド、洗面や浴室の色柄が次々にリンク。

またお嬢様のサポートを得て、SNS上に溢れる沢山のインテリア画像を検索しながら「こんな組み合わせにしてみたい!」と、具体的なイメージをお話くださいました。

「リフォームの最後に内装ができてくると、気持ちがアガりますね」と奥様。

住まいの中で一番大きな面積を占めるのが壁や床です。

ここでインテリアイメージが決まると言っても過言ではありません。

【キッチン】(トクラス/Bb W1950)

「住宅設備がこんなに進化しているなんて!」と驚きを隠せない奥様。

これまで大切に使ってきた食器棚の使い方を工夫して、必要な家電だけを配置。

今回のリフォームを機にずいぶん断捨離をされたとのことです。

このスッキリとして使いやすいダイニングキッチン!これからも無理なく維持できそうですね。

「リフォーム後は二人でいそいそと、インテリア小物を求めて買い物に行っているみたいですよ」とお嬢様。

ご両親の新しい暮らしはきっと、お嬢様の目にもまぶしく映っているのではないでしょうか。

【洗面】(カクダイ/角型洗面器)

リフォーム前は、狭くてどうにもならないのでは、と半ば諦めかけていた浴室と洗面まわり。

洗面をリビングの一角に配置したことで、圧倒的に使い勝手が良くなりました。

空間の真ん中にある洗面は、来客用にもプライベート用にも、自由自在に使うことができるのです。

【浴室】(リクシル/アライズ 1216)【洗面】(カクダイ/角型洗面器)

浴室にはキッチンのブルーと相性がいいグリーンを利かせ、素敵にカラーコーディネートしています。

【トイレ】(リクシル/組合せ便器)

トイレは“遊べる”場所。

壁紙のデザインに思い切ったものを使って、冒険をすることができます。

柄をよく見ると、タコが気持ちよさそうに泳いでいます。

淡いパープルの壁紙と色のトーンを合わせました。

絵がいらない、アートな空間です。

「リフォームしたら食事の支度が楽しくなって、ちょっと飲もうか?!と夫婦でワインを傾けることもあるんですよ。」と奥様。

街角のビストロにあるようなペンダントランプの下で、夫婦水入らずの語らいの時間が過ぎて行きます。

ご夫妻の新しい時間が、リフォームを機に始まりました。

矮小住宅をリノベーションで使い勝手よく” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。